画材、技法
モチーフ
雰囲気、タッチ
シンプル | おしゃれ系 | クール、かっこいい | シャープ | セツ系 | ファッション系 | 乙女系、ガーリーな | ストリート系 | 文学的 | 楽しい | 幸せ感のある | やさしい | やわらか | ほのぼのとした | あたたかな、ぬくもりのある | 癒し系 | 静かな、穏やかな、落ち着いた | 素朴な | 明るい、元気のある | カラフル、鮮やかな | モノトーン | ヘタウマ | ナイーブ派 | 児童画風 | 落描き風 | コミカルな、ギャグ系 | 強烈な、強い、荒々しい | ダイナミックな、大胆な、 動きのある | 情熱的な | シック | 重厚、渋い | ホラー、こわい、不気味な | 幻想的、ファンタジー系 | シュール | 毒のある、風刺の効いた、 シニカルな・ブラックユーモア | アンニュイな | 叙情画 | 繊細な | 上品な | 寂しげな | 内省的な | 悲しみ | 狂気、錯乱 | 色っぽい、セクシー 、官能系 | かわいい | レトロ、懐かしい、ノスタルジックな | モダン | POP | 都会的 | 未来的 | 原始的 | 浮世絵風 | 大正ロマン | 和風 | 外国風 | 無国籍 | アメリカン | ヨーロッパ風 | 北欧風 | 東欧風 | ロシア風 | 南国風 | ラテン系 | 劇画調、アメコミ風 | 漫画、アニメ風 | リアル系、スーパーリアル | デフォルメ | アート系 | 前衛的 | 伝統的 | クラシカル | アールヌーボー・アールデコ | 装飾的 | 印象派風 | ニューペインティング、表現主義 | サイケ調 | 50年代、60年代風 | 70年代風 | 80年代風 |
対象
媒体、用途
澁谷安佐子シブタニアサコ
Twitterアイコンイラスト
「磐永時輪」キャラクターデザイン(正面)
「磐永時輪」表情イラスト
「磐永時輪」ポーズイラスト
2017年年賀状
LINEアイコン
What are little boys made of?
アイコン用イラスト
LINEヘッダー
Mods VS Rockers
La Vie en rose
中村由利子「Lovery eyes」レコードジャケットイメージイラスト
中村由利子「めぐりゆく時間たちへ」レコードジャケットイメージイラスト
缶バッチ用イラスト
彰義隊 頭並 春日 左衛門
伊庭八郎秀穎函根の一戦三枚橋にて左の腕を自ら切り落とす之圖
清姫安珍と共に蛇道に堕ちるの圖
赫映姫赤の糸を引く
乙姫龍宮遊びづくし
RUDIE CAN'T FAIL
RSG!
黄色いケイで囲まれたサムネールは、
「レンタル可」イラストレーションです。
 : RSG!
「磐永時輪」キャラクターデザイン(正面)
画材・制作ソフト:photoshop CS5.1
web小説「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」(作:大久保珠恵)キャラクター、「磐永時輪」のキャラクターデザインを作成致しました。
[キャラクター紹介文]
永遠と宝石の女神・石長姫の化身である女性。
「神聖娼婦」と呼ばれ、肌を合わせることで、その神魔の怨念を浄化し、神となすことができる。
同時に強き戦い手でもある。その宝石の矛の五叉矛にかかったモノは数知れない。
作品別検索キーワード:女性, ファンタジー, 女神, 宝石, 石長姫, 小説, 神話, 和風, 日本
検索キーワード : ドローイングボールペン線画、ペン画水墨画(墨、顔彩)水彩画、ガッシュAdobe Photoshop日本アメリカヨーロッパ外国歴史、時代物占い、風水、精神世界(ニューエイジ、オカルト、)宗教(曼荼羅、イコン、天使、神話)食品、料理化粧ファッション、ファッション小物(バック、靴、アクセサリー)文学、物語映画ダンス、踊り、舞踏音楽中高年少年少女男性女性人物80年代風サイケ調装飾的アールヌーボー・アールデコクラシカル伝統的アート系デフォルメヨーロッパ風アメリカン外国風和風浮世絵風レトロ、懐かしい、ノスタルジックな色っぽい、セクシー 、官能系狂気、錯乱悲しみ内省的な寂しげな上品な繊細な叙情画アンニュイなシュール幻想的、ファンタジー系ホラー、こわい、不気味な重厚、渋いシック強烈な、強い、荒々しいモノトーンカラフル、鮮やかな静かな、穏やかな、落ち着いた文学的ファッション系シャープクール、かっこいいおしゃれ系シンプル大人向け若者向け中高校生向け幼児・小学生向け男性向け女性向け壁画看板描き文字、書、レタリングCDジャケット音楽プロモーションビデオアニメーション映像、映画テレビCMポスター、広告テキスタイルプロダクト、雑貨、グッズパンフレットカレンダーゲームキャラクター風刺画漫画イメージ画説明、図解携帯コンテンツWeb児童書、絵本イラスト エッセイイラスト ルポイラスト マップ、地図雑誌挿し絵・カット書籍さしえ装丁小説さしえ
↑このページのTOPへ